流レ星的日記のタイトル!

収入よりも金銭感覚。

SPAのネット記事。

世のサラリーマンたちの胃袋と財布の味方である「激安飲食店」で、もっともおいしいメニューとは何か? 30〜50代の食通男性200人にアンケート調査を実施とある。


<満足度の高いチェーン>

1位 丸亀製麺

2位 吉野家

3位 餃子の王将

4位 モスバーガー

5位 サイゼリヤ



<満足度の低いチェーン>

1位 マクドナルド

2位 CoCo壱番屋

3位 幸楽苑

4位 松屋

5位 ロッテリア


ちょっとだけわかる気もするけど。。。

いつも行っている『バーミヤン』『天丼てんや』『ステーキガスト』が入ってない!!
2017.4.28[Fri]

2010年頃のお笑い番組



たまたま見たら、すごい面白い。

キレキレのころの有吉、松本がゾッとする話で言ってた浜田の天然炸裂、このレフェリーが角田やったのがドタキャンして後日、関根勤に変わった、など面白い上に3分の映像の中に色々なドラマがある。
2017.4.18[Tue]

トランプがカードを切った!!

シリアのアサド政権に対する軍事攻撃は初めて。トランプ政権には軍出身者が多いから、軍事行動の意思決定が早い。オバマ政権とは全く違う。 でもって約60発の本気度!

北と習近平へのプレッシャー。これまでのアメリカとは違う。機能しない国連・安保理無視。ロシア・中国が拒否権を行使するから何も決められない。事前通告があったというがプーチンがどう出るのか気になる。シリアと、その同盟国の報復が心配。 いよいよ実力行使の時代か?トランプも国内の支持率が下がって、焦っているところもあるので、過激になるかも。

次は北朝鮮?どうなるカリアゲ君?日本への影響も避けられない。韓国の大使も戻されたし、マスコミは報じないけど、5月上旬に朝鮮有事あるかもしれん。日本への影響も避けられない。戦争に向かっていると感じる人がいるけど、世界ではいつも戦争しているが正しい。

対岸の火事ではありません。燃えているのはお宅です!
2017.4.7[Fri]

本当の報道番組

(広川太一郎口調がいまさらマイブーム。読みやすさ、面白さは度外視で)


「おトイレさん、お便器?」ということで、久しぶりにこんにちは。

「オバン泣かせのギャル殺し」ならず者商店です。

テレビ、新聞で、報道されないことが興味深く面白い!とかいまさら言っちゃたりなんかしちゃったりして。さて。

ネットがない時代は、テレビ、新聞が洗脳装置として、国民を自分たちの都合のいいように誘導してきたけれど、もうそれができない時代になりました。冗談キツイよ去年のズボン♪とんでもナイター巨人戦♪ラブミーテンダー、何いってんだー♪

いい時代に生まれてきたな〜と思えるのであります。悪事が暴かれ、善人ヅラした調子に乗ってる人にささるブーメラン、最高。最高、最高裁判所♪

マスコミ、日弁連、日教組、反日左翼と言われる組織に属している人たちは、学歴が高かったり、偏った意味で頭がよかったり(バカのエリート)して、まあ自分は特別(みんなよりも先を行っている)という意識があり、相対的にみんなよりも優れいてると思い込んでいるところがある。そして、自分をより優位に見せるために、自分以外の考え方、やり方をしている人たちを非難する傾向があるのがたちが悪い。それはないよの闇夜のカラス♪案外話せる心のお通じ、浣腸無くてもいつもスッキリ♪

生き方、価値観も人それぞれ違うはずなのに、「こうだ」と決めつける考え方、強引なやり方は、人間として下品だしみっともない。ミットも無いのに良く取るよ!!それが本当のみっともない♪バカあほマヌケあんぽんたん♪ちょっと、待ってクレヨン12色♪なせば成る!ナセルはアラブの石油王♪さよなら三角、また来ないで丸♪


2017.4.1[Sat]

寒い日は アイスクリームを 食べたいな (逆に)

”明治 エッセル スーパーカップ” が大好きで。

いやはや美味い!!

ハーゲンダッツやサーティーワンもおいしいのはわかるけど、コスパ加減では最高だと思う。

「ひっこめ!貧乏舌!!」

脳内に直接問いかけるヤジがひどい。




明治は、 カップアイスの定番「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズから、 「明治 エッセルスーパーカップ カスタードクッキー」を、3月6日(月)より 期間限定で全国にて発売します。

価格は税別 130円。

 「明治 エッセルスーパーカップ カスタードクッキー」は、フレーバー調査で人気の高いカスタードを採用したアイス。

なめらかでコクのあるベースアイスを、たまご風味がしっかりと感じられるプリンのような味わいのカスタードアイスに、しっとりとした食感のココアクッキーを混ぜ込みました。

プリンのような味わいのカスタードアイスと、しっとりとしたココアクッキーのおいしい組み合わせ♪

ココアクッキーの食感がアクセントになって最後まで楽しめます。






嗚呼、滝のようなヨダレでキーボードが水田のようだ。
2017.3.2[Thu]

お知らせ

2月18日は、都合により、休みます。
2017.2.16[Thu]

商品紹介

久しぶりに、インダストリアルなビンテージ鉛筆削りが入りました。

普通に使えます。

とにかく渋いです。

あと、イギリスのモーターサイクルメーカー、BSA、アリエル、マチレス、トライアンフなどなどのワッペンがたくさん入りました。


倹約も大事ですけど、生活を楽しむことが一番大事です。
2017.2.15[Wed]

丸く収めるのが美徳ではありません。

トランプ大統領、就任!!

面白くなってまいりました。

トランプ商法、今は時代が求めている。

今年はヨーロッパの国々でもデカイ選挙がいろいろあるから、世界が大きく変わりそう。

そして、日本はいったいどうなるのか??

隣国とは仲良くできるのか?

戦後、一貫して行ってきた中韓に対する”おもんぱかり ”外交は、今の日中・日韓の関係を見れば逆効果でしかなかったのは明白。













下の記事、デビ夫人、たまにはいいこと言う!









「私は元谷代表の声明文はご立派だと思います。撤回しないという姿勢も高く評価します。客が逃げるかもしれないということを恐れずに、自分の見解を表明するという姿勢に拍手喝采。中国政府がアパホテルに行くなとボイコットするのは小心だ」



大手ビジネスホテルチェーン「アパホテル」の客室に置かれていた書籍に非難が殺到する中、執筆したアパグループ代表・元谷外志雄氏の長年の友人・デヴィ・スカルノ氏が19日、AbemaTV「AbemaPrime」に出演、元谷氏を擁護、中国政府の対応を批判した。

■「元谷代表はこの主張を曲げないし、本も引き下げないと思う」

元谷夫妻と親交が深いデヴィ夫人。「奥様(芙美子社長)も大変おもしろい方。“アパのことなら身を持ってなんでも“という姿勢で、強い理念を持っている。“日本はこうあるべきだ“という考え方も、ご主人と共通している。共鳴することが多い」と話し、元谷代表が塾長・最高顧問を務める団体『勝兵塾』に足繁く参加していることを明かした。

騒動についてデヴィ夫人は「世界中どこのホテルや飛行機でも新聞や雑誌が置いてある。言論の自由なので、自分が出したホテルに置くのは差し支えがない。読みたくない人は読まなくていい。仏教徒も止まるし、イスラム教徒もとまるけど、ホテルには聖書が置いてあるじゃないですか。」、「私もかつてニューヨークで、日本がこてんぱんにやられている書物や模型だらけなのを目にして、涙をだらだら流した。でも、それがアメリカの所見ですから。」とし、元谷氏に何ら問題はないとの認識を示した。

また、今後の展開についても「元谷代表はこの主張を曲げないし、本も引き下げないと思います。自分の信念を通すほうが大事だと思う人。売上が下がっても一時のことだと思う」と話した。


■「なんで日本だけがここまで言われなきゃならないんですか」

問題となっている著書『本当の日本の歴史 理論 近現代史学||』で元谷代表は「日本軍が女性や子供も含む民間人など、三十万人も虐殺したなどという南京大虐殺はこの攻略時の南京の人口が二十万人、一カ月後の人口が二十五万人という記録から考えてもあり得ないことだ」としている。

これについてデヴィ夫人は「元谷代表は知りうる限りの歴史学者や大学教授、研究してきた人の資料や写真を研究した上で書いている。そして、“中国政府側に異論があるならば、新事実となる証拠を出してくれれば私も拝見しますよ“と謙虚におっしゃっている。議論に対してはオープンなんです」とした。

その上で、「戦争の時にはいろんなことが起きます。フランスとドイツは何百年にもわたって憎しみ合っていました。でも今はEUというものを作って、通貨も一緒にして繁栄しようとしている。なんで中国と日本と韓国はそれができないんですか、おかしいじゃないですか。いつまでたっても恨みがましく言ってくる。そんな戦い、ヨーロッパはやめていますよ。

日本は弱くて小さい国、資源がない国で、外に出ていくしか無かった。歴史というのは戦争の歴史。2000年以上、戦争の繰り返し。強者が弱者を襲って、略奪が行われる。今だってシリアやクリミアがそうじゃないですか。なんで日本だけがここまで言われなきゃならないんですか」と怒りを露わにした。

また、この本がもともとホテルに置かれていたことを指摘、「今になって中国政府が反応してきているのは、南京大虐殺のユネスコ記憶遺産の登録にも影響するし、彼らにとってはデリケートなんだと思う。外務省が出てくるような問題ではない」とした。

さらに、「日本は教科書に中国や韓国を憎め憎めとは書いていない。中国や韓国は日本を憎悪するようなことを教科書に書いて、反日教育をしている。中国は武力のないチベットからダライ・ラマを追い出しや新疆ウイグル自治区も自分の国にしてしまっている。いまに日本も沖縄や北海道にそうするかもしれない。南シナ海に空軍基地のようなものを経ててしまって我が物のようにする国ですから、私たちは警戒しなければいけない」と、中国を厳しく批判した。

■「日本の政治家は腰抜けばっかり、腑抜けばっかり。」

出演者からは、それでもセンシティブな問題についてわざわざ触れる必要はないのではないか、といった意見も出た。

これに対しデヴィ夫人は「中国がクレームを付ければつけるほど素晴らしいと思う。中国の“悪宣伝“によって日本は誤解されているのでから、一人でもこういう声を上げる、リアクションすることは素晴らしいこと。元谷代表には本当に感謝しています」と反論。

「議論を巻き起こさなければ、日本の正しさや主張は通用しない。それを今までバカのように黙ってきて、言われっぱなし。韓国や中国に反論できる政治家もいなかった、不甲斐ない。日本の政治家は腰抜けばっかり、腑抜けばっかり。冗談じゃないですね。私は腹立たしい思いをしている。主張すべきところは主張すべきで、だからこういうことになっちゃうんですよ。今まで黙ってきた日本人への罰です」と断言した。
2017.1.21[Sat]

見てないようで見ている

久しぶりに万引きされた!!

非売品にしてて、簡単なプラスチックのケースに入れていたミスタービーンのPEZの4体セット。

防犯カメラもあるのに。呆れる。

カップルで来て彼女のほうは買ってくれたのに。

古いPEZを売っている店なんかあまりないのに。

ああいう癖はやめられないから、次に来た時が楽しみ。

罪には罰を。

ドキドキしちゃう。
2017.1.15[Sun]

ありがとう!!

インドの土産で  仏像もらう  大きい割には  カルカッタ

おあとがよろしくないようで。
2016.12.28[Wed]

バックナンバーの参照

Powered by HL-imgdiary Ver.3.00 Beta
DESIGN BY Griffith Delacroix